フォト
2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最新記事

震災からの3年間を記録する会・熊本

2014年9月 3日 (水)

熊本市の各種相談窓口一覧

ウェブサイト「くまもとぐらし~311避難者や移住者のための

お役立ち情報サイト」がスタートしてから5ヶ月がたちまし

た。この間、掲載団体も徐々に増え、先日は熊本市危機管

理防災総室が加わりました。

総室の項目(リスト参照)の中には、熊本市の相談窓口一

覧を添付しています。各種手続きや相談をするときの担当

窓口と電話番号がまとめてあります。是非ご覧いただき、

熊本暮らしにお役立てください♪

熊本市危機管理防災総室→http://kumagura.net/showd.php?seq=55

相談窓口一覧→「20148.pdf」をダウンロード

2014年8月14日 (木)

ウェブサイト「くまもとぐらし」のリーフレットが完成しました♪

3.11避難者や移住者のためのお役立ち情報サイト「くまもとぐらし」

が立ち上がって4ヶ月あまり。ホームページをご覧いただけない方

のために、この度リーフレットを作りました。ただいま行政を通じて

避難者・移住者のお手元に届くように手配中です。また、お店など

にも置いてもらう予定ですので、皆様の熊本暮らしにどうぞお役立

てくださいね♪ 

引き続きウェブサイトhttp://kumagura.net/の応援もよろしく

お願いします。くまもとぐらしフェイスブックやツイッターでは、さまざ

まなイベント情報も発信しています!

*リーフレットはくまもとぐらしフェイスブックでも紹介しています*

https://www.facebook.com/kumagura?ref=stream

2014年6月21日 (土)

ウェブサイト「くまもとぐらし」リーフレット版、もうすぐ!

月日の経つのはなんと早いことでしょう!

ブログ更新していなかったのは、何も書くことがなかったわけでも、

怠けていたわけでもないのですが、すっかり間が空いてしまいまし

た。

今年は年が明けるとすぐから、311避難者や移住者、支援者など

に役立つ情報サイトを立ち上げるために奮闘してきました(たくさん

の方に協力していただきました)。それで気がついたらもうすぐ7

月!

お役立ち情報サイト「くまもとぐらし」は3月31日にスタート。新聞に

も取り上げていただきました。

http://digital.asahi.com/articles/ASG4Y5CVMG4YTLVB00D.html?_requesturl=articles%FASG4Y5CVMG4YTLVB00D.htmlamp

今は、ネットをしない方向けのリーフレット作成の真っ最中です。

もうすぐ出来上がる予定です。完成しましたら、行政を通じて避難

者の方々へ送付したいと思います。また、お店などにも置いていた

だき、どなたにでも見ていただけるようにするつもりです。

これから移住を考えている方の所にも「くまもとぐらし」が伝わって

いき、何らかのヒントを得ていただけたら嬉しい!です。

文責:A

2014年4月28日 (月)

ウェブサイト「くまもとぐらし」をよろしく!

311被災者、避難・移住者、支援者を応援するウェブサイト「くまもとぐらし」がオープン!

東日本大震災から、2014年3月で丸3年を迎えました。熊本にも、多

くの避難者や移住者を迎え、また、保養に来てくださる方も多くいらっ

しゃいます。「くまもとぐらし」は、そんなすべての方々が、「311後の

生き方を支え合うための情報」を一覧し、共有することができれば、

という思いから出発しました。

まだまだよちよち歩きの「くまもとぐらし」ですが、これからも皆様から

の情報提供によって進化させていきたいと思っています。どうぞよろ

しくお願いします!

くまもとぐらし→http://kumagura.net/

フェイスブックも→https://www.facebook.com/kumagura

~ご協力くださった皆様へ~お礼~

「くまもとぐらし」は、震災から3年間の熊本での被災地支援や共助活

動についての調査(調査名称「熊本での東日本大震災から3年間と

これからに関する調査」、調査実施主体:「震災からの3年間を記録

する会・熊本」)に基づいて作成されています。調査にご回答ください

ました皆さま、本当にありがとうございました!
  
「震災からの3年間を記録する会・熊本」構成団体

1)熊本大学大学院社会文化科学研究科:石原明子研究室(准教授:紛争変容・平和構築学)

2)原発事故子ども・被災者支援市民テーブルくまもと 担当:阿部、宮下

~お断りとお願い~

東日本大震災では、津波による被害、揺れによる被害、原発災害に

よる被害など様々な被害がありました。被災の状況は、お一人お一

人が異なっていらっしゃいます。このサイトは、さまざまな被災状況

の方にお役に立てる情報を提供したいと考えていますが、現時点で

原発災害による被災者のための情報が多くなっていますことを、お

断りいたします。よりさまざまな状況への「支え合い」のための情報

があれば、編集部にお寄せいただけましたら幸いです。

編集部→info@kumagura.net

2014年3月10日 (月)

被災地・避難移住者・支援者を応援するウェブサイト「くまもとぐらし」をよろしく!

被災地・避難移住者・支援者を応援するウェブサイトの名前が決まり

ました。「くまもとぐらし」(愛称「くまぐら」)です!

3月31日スタートを目指して頑張っています!

「くまぐら」は、大震災と原発事故をきっかけに出会った人たちが、

つながって、支え合っていくことを応援します。

39p

2014年2月15日 (土)

震災からの3年間を記録する会が始動しました!

2011年の3月11日から、もうすぐ丸3年を迎えようとしています。

震災の日以来、熊本でも少なからずの避難者・移住者を迎えました。

この間多くの方が、被災地や避難者への支援活動や、避難当事者による共助

活動などを通して、お互いにつながりを深めてこられたことと思います。

この度、大学研究者と私たちは、熊本における震災からの3年間とこれからの

支援活動を記録する必要性を感じ、アンケート調査を行なうことにしました。

調査の結果は、これから活かせる情報と共に、ウェブサイトなどで公表し、そ

れらの情報を必要とする方々に見ていただけるようにしたいと考えています。

これまで個別に活動していた団体や個人が横に繋がることで、活動が広がっ

たり、協力関係ができたりするといいなと思います。

この働きが、被災地、すでに避難・移住している人、これから移住したい人、支

援団体、地元熊本の方々などのお役に立つことを願っています。

調査の主体は、「震災からの3年間を記録する会・熊本」です。構成団体は、

熊本大学大学院社会文化科学研究科・石原(熊本大学東日本大震災再生支

援事業の一環)と当会です。

アンケートはこちら→「2014215shinsai3_blog.doc」をダウンロード